page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
イタリア4日目~フィレンツェ~
2月15日 フィレンツェ 雨時々曇り

イタリア旅行の中で一番楽しみにしていた都市がフィレンツェ。
しかしあいにくの雨模様・・・

フィレンツェ


景色もよく見えず(泣)
でも、歴史ある町並みは雨でもかわらずそこにありました。

HISの人がおすすめしていたウフィツィ美術館はほんといけてよかった~!
ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」と「春」をこの目で見られて感動でした。
行きの飛行機の中で読んだ日経にたまたま「春」の特集記事があってよんだんだけど、
あの絵に描かれている三人の女神は、踊りのステップを図解しているかもしれないんだって。
つまり、三人の踊っている女神を描いたのではなく、
踊りのステップを図解するために3人描いた・・・かもしれないらしい。
今まで絵画に対してあまり興味がなくて、
ただ単に美的欲求を満たすためだけの嗜好品ととらえていたけれど、
今回の旅行で絵画の持つ「人へ何かを伝えるという機能」というのにも気づけました。
って美術を勉強している人にこんなことはなしたら笑われちゃうんだろうけど、
今までそんな風に絵をとらえたことがなかったんだ。
今回の旅行で沢山の絵を見て、「何かを伝える」ということをすっごく感じて、美術品の持つ面白さに気がつきました。

でもボッティチェッリの絵が「別荘に飾るために描かれた」ってのはちょっとショックだったけど(笑)


午後は自由行動でした。
ドゥオモ前の広場で解散したすぐあとに、
広場にあるタバッキに切手を買いに行きました。
初タバッキです。
タバッキっていうのは日本でのコンビニみたいなとこ。
イタリアにはコンビニなんてものはないのです。

で、イタリアで日本語が通じない人相手に買い物するのも初でした。
もちろんタバッキのおばちゃんにイタリア語で頼みましたよ~切手をくださいって。
通じなかったらいやだから、ポストカード片手にひらひらさせながらね。
「uno?」
と枚数を確認され、無事切手を購入できました。
初めてのお使いの気分。
安心して店を出ようとしたら、
おばちゃんが「イタリアンパスタ!」と言ってパスタをくれました。
切手しか買ってないのになんで?
あ、イタリア語頑張ったからかしら?
グラッツェ~!
けどその直後に同じおばちゃんにワッフルを無言で指差して注文した友人は
なぜか8ユーロも請求されちょっとぼられていました…
イタリアにきたらイタリア語を使え、ということなのかしら。謎。



さて、今日のフィレンツェの自由行動では
私が行きたいところはサンマルコ美術館とドゥオモのクーポラ。
そして友だちが行きたいのはヴィトン、グッチetcだったので、
まず、サンマルコ美術館に向かいました。
ここにあるアンジェリコ作の「受胎告知」のフレスコ画がみたかったのです。
でも、たった一つのフレスコ画を観るために友人に同伴してもらうのはちょっと申し訳ないなぁと思ってたんです。
お金もかかるし。
でも、この美術館、受胎告知のフレスコ画だけじゃなくて、
他にも沢山のフレスコ画が展示されていて、ものすごい充実してました。
日本の美術館とはやっぱり格が違うっていうかなんというか。。。
修道院に併設されている美術館だから、
キリストの絵ばかりでちょっとえぐいけど、
日本にはない「フレスコ画」というものを堪能するにはおすすめだと思います。

そのあとドゥオモのクーポラへ!
「冷静と情熱のあいだ」を観た人なら行っちゃうよね~!!
でもあのロマンチックな約束の場所にたどり着くには
約500段もの急な階段を上らなければならないのですよ・・・
急だし狭いし窓もないしかなりつらい階段でした。。。
なんて約束してんだよ!とちょっと思いました。泣。
映画のスタッフは機材かついでこの階段のぼったんだろうか~。

あ、残念ながら竹之内豊みたいな人は待ってませんでした。あー。

クーポラで友人としばしおしゃべりしてすごしました。
クーポラでNHKの朝ドラ「こころ」について熱く語る友人。笑。


ドゥオモを出た後は、怒涛の買い物ツアーでした。

ヴィトン
グッチ
プラダ
ディオール
エルメス
セリーヌ
 ・
 ・
 ・
私は最初全く買う気がなかったんだけど、
友人の素晴らしい買い物っぷりに刺激されてちょっと買っちゃいました。痛。
それがこのディオール・・・。

dior


日本にいたら絶対買わないのに、旅先マジック怖い。

でも、日本にいたらジーパンとスニーカーでは入るのをためらわれるお店に入れて楽しかったよ♪

グッチはもうバーゲンみたいな賑わいで、日本人だらけで、
品格も何もあったものじゃなかったけれど、
スタッフはみんな親切だしそれはそれでいいのかなと思った。
逆にプラダなんかは全く相手にしてもらえなくて怖かった。
何しに来たんだお前、的な目で見られて痛かったよ。
ディオールは若い子むけのブランドだけあって、親切に色々見せてくれたー。
イタリア語も教えてくれたし。
エルメスは品格は保ちつつも、プラダのように牽制するのではなく、
親切に相手してくれました。ありがとうゴザイマシタ。
セリーヌは日本人の店員さんがいて、
ふつーに相談しながら買い物が出来てよかったです。
色々と勉強になりました。

買い物をしているうちにあっという間に夜になり、
駅近くのレストランで食事を取って、バスでホテルに戻りました。
一日ですごい額を使ったおそろしい一日でした。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

ワッフルが8ユーロって高いですね(笑)
今年、イタリア語とってたんですが(途中で挫折)イタリア人は祖国愛が強いらしいのでイタリア行ったら英語は使うな、イタリア語を使えと言われました。
ちなみにサッカースタジアムのアルテミオ・フランキに行きました?フィオレンティーナのホームなんですが。
赤メガネ | URL | 2006/02/26/Sun 21:55 [EDIT]
いや、友だちの買い物熱には勝てず、サッカー関連の場所には行けなかったよ(笑)
でもローマでスタディオ・オリンピコ前は通ったよ!
あと、トッティが結婚式を挙げた教会前も通りましたw

イタリア人は祖国愛が強いのか~。フランスと似たような感じなのかな。
でも考えたら、日本でも無言で指差して注文されたら気分そんな良くないよね~。
やっぱり片言でもその国の言葉を使うほうが、
お互い気分が良いものかもね(><)

実は私もイタリア語勉強しようとして去年挫折しました。。。
イタリアまた行きたいから、また勉強しようかな!
ユイ | URL | 2006/02/26/Sun 22:22 [EDIT]

© yui blog. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。