page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
イタリア6日目 ~ローマ~
2月17日 ローマ 曇りのち晴れ

この日は一日自由行動でした。そして観光最終日。
まずはバチカン美術館へ!
ローマの治安にかなりの不安を抱いていた友達のたっての希望で、
同じくバチカン美術館へ行く同じツアーの男性とホテルからタクシーで一緒に行くことにしました。

私たちの突然の誘いを快く受けてくれたYさんは今回のツアーを一人で参加してました。
有休がたまっていて上司にムリヤリ休暇をとらされたのだとか。
社会人って大変そうだ・・・

さて、ホテルから20分ほどでバチカン美術館に到着。
まだ開館前だというのに長い行列が。
でもこれでも短いほうなのだと思う。
なぜなら今日はシスティーナ礼拝堂がミサのために閉まってるから!!!
ローマのメインはこの礼拝堂と言っても過言ではないのに閉まってるなんてね。
でも、きっとこれはまたローマにおいでってことなんだと自分達に言い聞かせました。

開館して中に入って日本語音声ガイドをレンタルしました。
これがあればガイドさんはいらないよー☆便利☆
システィーナ礼拝堂は入れなかったけど、
私はラファエロの絵が見られただけで満足でした。

これね、これ↓
バチカン


高校の倫理の教科書の表紙だったこの絵。
ずっとキャンバスに描かれたものだと思ってたけど、壁画だったんですねぇ。びっくり。
他にも色んな美術品があっておなかいっぱいになりました。
ウフィッツイに行ったときも思ったけど、
ヨーロッパの美術館って本当に素晴らしいね。
日本の美術館なんて足元にも及ばないよなぁ。


さて、美術館を後にして我々は花の市場と呼ばれるマーケットに行きました。
Yさんも今日は私たちと似たようなところをまわるということで、
途中まで一緒に観光してくれることに。

市場



市場から歩いてパンテオンへ。大きかった!

パンテオン


さらに独立記念堂へ。これもありえないくらい大きい!!
こんなものをローマのど真ん中に作ってしまうのだからすごい!

独立記念堂


このあと歩いて真実の口へ。
使い捨てカメラのほうで写真とったけど、そのカメラをなくしたため写真がなく。。。
ディズニーのアトラクション並みに並んで撮ったのに・・・
ほんとごめんねY子ちゃん。。。
優しいY子ちゃんは「またローマに行く口実ができたじゃん!」っていってくれましたが(;;)


お昼は独立記念堂付近でパニーニを買ってたべましたw

腹ごしらえをした後はフォロロマーノへ。
ローマ人が暮らしていた遺跡群です。
こんな古いものが残ってるなんてすごい!
やっぱ石の文化はつよいなぁ。

フォロロマーノ


そしてコロッセオへ。
ここで猛獣と人間が死闘をくりかえしてたんですねぇ。
ものすごい娯楽だ。

コロッセオ



同行してくれたYさんとはここでいったんさよならをしました。
なぜ「いったん」かというと、
Yさんは夜ご飯を同じツアーの他のメンバーと食べるといっていたので、
我々も仲間にいれてもらうことにしたの。
スペイン階段まえに待ち合わせしました。

この後、私たちはコンドッティ通りとコルソ通りでお買い物。
といっても私は何もかわなかったけど;もうお金ないよー。
あ、スーパーで私は買い物しました!
この日の夜はホテルの部屋で飲もう!ってことになったので☆
で、最後に友人はディオールに入りたいと言い出したのですが、
私は食料品のはいったスーパーの袋を持っていたので外で待ってることにしました;
小心者なのでさすがに入れなかったよ・・・。
外で待ってる間コンドッティ通りを行きかう人を観察。
ブランドの袋を持ってる人はたいてい日本人だった。
一番印象に残ってるのは家族4人みんな両手にブランドの袋を持って
待ち合わせ時間に間に合わない様子でわさわさ走る日本人家族。
グッチ、ヴィトン、ディオール、シャネル・・・すごい買ったなー。

そうこうしてるうちに待ち合わせ時間に。
みんなでポポロ広場付近にあるレストランに行きました☆
私たち2人にYさん、それにMさんという一人参加の女性に、Oさん親子の計6名でのディナーです。
イタリア最後の夜ということでイタリア語ではりきって注文しましたよ!
けど、店員さんは親切に英語で返してきました(泣)
片言のイタリア語と英語そして日本語が交錯するおかしな空間になってましたw

ワインも飲んでいい感じに酔っ払っておいしい料理を食べて
とっても楽しいディナーでした。
2人の女子大学生と、1人の会社員、1人の舞台衣装担当者に、1人の主婦にその息子の芸大生と、このツアーに参加しなかったら絶対一緒のテーブルを囲むことはなかったメンバーでの食事は素敵な思い出になりました。

帰りは広場でタクシーを拾ってホテルへ。
タクシーがありえないスピード(100きろ!)を出してかなり怖かったけど、無事にローマでの一日を終わることができました☆
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© yui blog. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。